KLIMT RELOADED

2019年4月23日から東京都美術館で開催された「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の関連プロジェクト「現代クリムト講座」の一環として、コンセプトマガジン『KLIMT RELOADED』が刊行されました。

今回は全編にわたりデザインを担当しています。
激動の19世紀末ウィーンで、絵画にとどまらず様々なジャンルを横断して活躍したクリムト。
本書は現代の日墺で活躍する20人のアーティストへのインタビューを通して、クリムトを再解釈し現代日本の視点で考察しています。

参加クリエイターは森山未來、三浦崇宏、矢島里佳、伊藤恵、柴山多佳児、Robert Cavalli、菊地成孔、松下真悟、野村訓市、市原えつこ、佐渡島庸平、丹羽良徳、ジュン・ヤン、Herwig Kempinger、Clemens Hellsberg、Alexander Lauber、Lilli Hollein。千足伸行と山口周の対談レポート、海野弘の論考、大橋裕之の漫画も掲載されています。

書店で見かけたら、ぜひ手にとってみてください!



編集
田尾圭一郎、大井智水、高橋隆郎(美術出版社)
中村志保、佐藤恵美、裏谷文野
和田大和、兼頭啓悟(CCCアートラボ)

写真
秋田大輔、皆川 聡 ほか

イラスト
勝山八千代



『KLIMT RELOADED』
https://oily-bijutsutecho.com/items/5c49678cc2fc284ccbf9f072
(Oily by 美術手帳)

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』
https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_klimt.html